覚えておきたい基礎知識 クレジットカードは貸し借り禁止!

クレジットカードの作り方、使い方は知っていても、基礎知識を知らなければトラブルになります。自分のカードは自分しか使えないということは徹底しましょう。他人や家族に使わせるとカード会員規約違反です。クレジットカードは誰が使ってもカード会員に請求されるということも基礎知識として覚えましょう。

クレジットカードを家族に使わせるときは家族カードを作りましょう。作り方はクレジットカード会社に申請するだけで、使い方も普通のクレジットカードと同じです。違うのは家族カードの請求もカード会員にされて、引き落としもカード会員口座から行われます。

もしも、クレジットカードを第三者に使わせても、支払いはカード会員が行います。いくら知人が使ったと言い訳しても、クレジットカード会社には通用しません。クレジットカード会社はその知人に使ってもいいと許可していないからです。それどころか悪質と判断されればカード会員の資格が停止され、一括で返済する義務ができて、クレジットカードも取り上げられます。

クレジットカードの使い方を間違えると、大きなペナルティが与えられます。基礎知識を覚えるだけではなくそれをクレジットカードの使い方に反映させなくてはいけません。

覚えておきたい基礎知識 クレジットカードの暗証番号は他言厳禁!

クレジットカードの基礎知識として暗証番号をしっかり管理するということがあります。最初にクレジットカードを申込するときに暗証番号を記入しますが、この時から第三者にわからないような番号にするということが基礎知識の一つです。

暗証番号を管理するというのはクレジットカードの作り方からすでにスタートしています。登録した暗証番号は誰にも教えてはいけません。もちろん家族にも教えてはだめです。キャッシング機能付きのクレジットカードは特に暗証番号はしっかり管理しましょう。キャッシングの不正利用では保険が支払われないというのも基礎知識です。

なぜカード盗難保険支払われないのかというとキャッシングの使い方を知っていればわかりますが、暗証番号なしではキャッシングができないからです。つまりキャッシングの不正利用は本来ありえないことです。もし悪用されたとしたら暗証番号を誰かに教えたか、推測されたということになります。

クレジットカードの暗証番号を推測されることも管理がずさんということになるので保険は適用されません。暗証番号は誰にもわからない数字を登録して誰にも知られないようにするという基礎知識は忘れないようにしましょう。

クレジットカードの基礎知識その1 クレジットカードは自分のものではない

クレジットカードは審査を通過するとクレジットカード会社から郵送されてきます。しかし送られてきたクレジットカードは自分のものではないことを知っていましたか?クレジットカードの本体はクレジットカード会社に所有権があります。つまりカード会員はクレジットカードを借りているだけなのです。これは基礎知識として覚えておきましょう。

法律用語でいえばクレジットカード会員にはカードの所有権はなく、使用権や占有権しかないということになります。カード会員となることも一つの法律行為なので、トラブルがあった場合は法律的な立場を理解しておかなくてはいけません。クレジットカードが自分のものでないことは基礎知識としても重要なことです。

クレジットカードの所有権がないのに第三者や家族にカードを使わせることはカード会員の規約違反です。このクレジットカードの使い方は、他人のものを第三者に勝手に使わせるのと同じことです。それがクレジットカードの使い方として許されるということはありません。

クレジットカードの請求は誰がカードを使って買い物をしてもカード会員に支払い義務があります。支払いの段階になって実は友達が使ったと言い訳しても関係なくあなたに請求されます。もし支払わなければ最終的に法的措置をされるのは友達ではなくあなただということを基礎知識として忘れないようにしましょう。